【5日目】「丸暗記」と「時間をかけて理解する」どちらが効率的?

合格するための勉強方法
12 /15 2013
前記事 【4日目】進捗把握!スケジュール表の使いこなし方 を参照し、

スケジュール表の大切さを理解して頂けたかと思います。

今回は勉強方法に関してピックアップします。

ここで皆様に質問です。
※以下のお話は「法規」科目を考慮していません。



① 丸暗記勝負!ゴロとか暗唱を繰り返して問題自体を暗記し、過去問を覚える勢いで取り組む。試験後は完全に忘れる。

② 丸暗記よりは時間がかかるが、理解しながら着実に覚えて問題を解けるようになりたい。試験後も知識を生かしていきたい。


今までのスタンスは①、②のどちらでしょうか?

巷でよく目にする「○○日間で合格できる!、最短最速合格法」
というのは大抵、①の丸暗記法です。


しかし、第三種電気主任技術者試験は①が通用しません。


※第二種電気工事士の筆記試験では丸暗記法でも合格可能です。


通例、電気系資格は第二種電気工事士→(第一種電気工事士)→第三種電気主任技術者
とステップアップして取得していきますが、、、


丸暗記で合格しても次の資格で活かされません。
丸暗記が効率的に見えるが、結局勉強のやり直しとなるのため
逆に時間の無駄になる。


ということです。




例を挙げてみましょう。

ここで以下の事項を初めて覚えるという前提での例題です。

「直流機器と交流機器、どちらが高い絶縁性能が必要か?」


答えは「交流機器です」


さらに皆様に質問です。次の①②どちらの覚え方に当てはまりますか。


① 交流機器は高い絶縁性が必要ということを覚える。

② なぜ高い絶縁性が必要なのか考える。


皆様はどちらの勉強方法で電気系資格の勉強に取り組みますか?

ではしつこいようですが、最後の質問です。

「交流電圧の実効値と最大値の関係式は?」

前述②の方法で覚えた方は答えられますが、
①の方法で覚えた方は答えられません。


なぜでしょうか。

それは理系資格にいえることですが、1つの事象には多くの事象が絡み合っているのです。

これが理系資格は丸暗記が非効率である理由です。

以上の流れの詳しい意味は次回、
【6日目】効率的!1題演習するだけで3題解けるようになる方法 で説明します。



管理人が資格試験に取り組むうえで、非常に参考になった本を紹介します。

精神論ではなく、合格技術が書かれています。
なんとなくではなく、根拠を持った「技術」です。
自分なりにアレンジして即実践できる内容です。


3000人の指導実績を誇る人気No.1カリスマ講師が教える 資格試験の合格技術


【4日目】進捗把握!オリジナルタスクスケジュールの使いこなし方

合格するための勉強方法
12 /14 2013
前記事 【3日目】急がば回れ!タスクスケジュール表で勉強進捗を管理しよう」 を参照し、

曲がりなりにもタスクスケジュールが完成したかと思います。

では、作成していただいたタスクスケジュールの使い方を説明します。


タスクスケジュールの使い方

① 月間タスクスケジュール表をノートに貼る。

② 当日のタスクをこなしたら赤ペンでレ点をつける。
タスクを消化したという達成感を味わう。


③ 当日でタスクを消化できなかった場合、翌日に取り組む。
翌日に前日分を取り組んだ分は青ペンでレ点をつける。

※参考例
[例2]月間タスクスケジュール

④ タスクを消化するうえでの気づきや雑感、予定変更をノートに書く。


⑤ ノート記載事項をスケジュール表にフィードバックし、
月間/年間スケジュールを見直す→改訂





以上がタスクスケジュール表の使い方です。

一見、資格試験合格とは無縁な気がしますが、
スケジュール管理はとても大事なことです。

むしろ、スケジュールに書かれていることだけ
取り組めばあとは自由時間です。

勉強の取り組みやすさと安心感を与えてくれます。

また後で見返した時に、きっと達成感が得られることでしょう。



次回は、勉強方法に関して「丸暗記」と「時間をかけて理解する」どちらが効率的かをお話します



当記事のタスクスケジュール表の作成は私の完全オリジナルです。
ですから、自分自身、今後も改良を加えていくつもりです。

個人的に以下の書籍はスケジュールを考えるうえで大変オススメできると思います。
長期的に資格取得を考えている方は必見です。


まんがでわかる7つの習慣

世界で3000万部、日本国内で160万部を突破した自己啓発本の金字塔『7つの習慣』。
まんが化されているので取っ付きやすくてわかりやすいです。
大袈裟ですが人生に一度は手に取るべき本だと思います。(漫画版を読んだら原著訳を)


「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術

気合いを入れなくても「実行力」は身につきます。
私もこの中のアイデアを抜粋して手記として残してあります。


【3日目】急がば回れ!タスクスケジュール表で勉強進捗を管理しよう

合格するための勉強方法
12 /14 2013
前記事 【2日目】脱!「予定は未定」 を参照し、

予定を立てる方が勉強に取り掛かりやすく、
やる気を損ないにくいことがわかりました。


本記事では
年間スケジュールと月間スケジュールの作成を目標とします。
※長期的に資格取得を目指すならば3年間スケジュールも必要。


参考例として私の年間タスクスケジュールと月間タスクスケジュールを載せます。
※あくまでも参考に作ったものなので、雰囲気だけ掴んで下さい。

[例]年間タスクスケジュール   [例]月間タスクスケジュール

では予定の立て方及び心得を説明します。
予定を立てるのは面倒ですが、以下に従って作成すれば難しくはないと思います。

年間タスクスケジュール→月間タスクスケジュールの順に作成します。



年間タスクスケジュール作成手順
用意する物 : 参考書、手帳、EXCEL(もしくは手書き)

① 受験する資格試験の参考書を買う。
  (参考書の選定は各種資格試験ページに記載)


② 試験月を確認し、記入する

③ 試験月の前月は過去問と記入する

④ 参考書を見て科目毎に毎月割り振る(大雑把で良い)



月間タスクスケジュール作成手順
用意する物 : 参考書、手帳、EXCEL(もしくは手書き)

① 月間スケジュール④で割り振った科目のページ数を20で割る。
(キリが良ければ項目毎に)


② ①で算出したページ数を平日に割り振る。

③ 土日は余暇日/予備日として空欄にする。

④ 飲み会/イベントがある日は勉強の予定を入れない





タスクスケジュールの作成注意点

① 完璧な予定表ではなく、大雑把で良い
実際に取り組んでみてからスケジュールの手直しを加えていく。

② 日々のスケジュールは50%の力量でも取り組める内容にする。
スケジュールをこなせなかった時に自己嫌悪に陥ることを阻止するため。
余裕があれば翌日分を取り組めばよい。


③ 必ず余暇/予備日の時間を設けること。
継続が大事。急な予定が入った時に柔軟が効くスケジュールにするため。


手始めに適当でも良いので取り掛かってみて下さい。


恐らくスケジュール表を作成するのに1時間かかります。
しかしこの1時間で今後の勉強の進捗が大幅に変わると思います。

※長期的に資格取得を目指すならば3年間スケジュールも必要です。


次の記事ではスケジュールの使い方を説明します。




以上の記事は自己流だったり、様々な自己啓発本からエッセンスを抽出したものです。

個人的に以下の書籍はスケジュールを考えるうえで大変オススメできると思います。
長期的に資格取得を考えている方は必見です。


まんがでわかる7つの習慣

世界で3000万部、日本国内で160万部を突破した自己啓発本の金字塔『7つの習慣』。
まんが化されているので取っ付きやすくてわかりやすいです。
大袈裟ですが人生に一度は手に取るべき本だと思います。(漫画版を読んだら原著訳を)


「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術

気合いを入れなくても「実行力」は身につきます。
私もこの中のアイデアを抜粋して手記として残してあります。

【2日目】脱!「予定は未定」

合格するための勉強方法
12 /14 2013
前記事 【1日目】資格勉強のやる気が出ないのは根拠がある を参照し、

やる気が起こらない原因が少なからず理解できたかとは思います。
では本記事ではやる気を出す勉強方法を考えてみます。

では質問です。以下に示す勉強方法のどちらがやる気(少なくともやってみよう)と思いますか?


①.資格の勉強をしよう!参考書たくさんあってどれが良いかわからないけど、とりあえず数冊買ってきて1日何題か解くか。一応余裕がある日は5題~10題解けばいいか。間に合わなければ土日とか徹夜でやろう。今日は仕事で疲れたし、明日は飲み会だから明後日から始めよう。


②.参考書ABをこなせば試験に受かる実力が身につくんだな。試験日を逆算すると今月はこの章まで理解して、今日は問題ABCだけやればいいんだな。今日は仕事で疲れてるけどこの問題だけこなせば安心して寝れるな。明日は飲み会だけど、予備日にやればいいから大丈夫だな




皆様どちらのやり方が勉強してみようという気になりますか?
あえて答えは書きませんけれども、そうすると次の疑問が浮かぶと思います。


要は毎日の予定を立てるということでしょ?非常に面倒だし、予定立ててる時間があったら勉強した方がいいんじゃないの?

管理人もそう思っていました。

しかし、予定を立てなければ前述①の「予定は未定」の型から抜け出せません。よって資格試験合格はかなり厳しいです。

残念ながら、「予定は未定」タイプだと一向に勉強が進まないのが現状です。

では次の記事で面倒な予定立てのサポートをしますので参照下さい。



管理人が当記事を書くにあたって大変参考になった書籍を紹介します。

何もしなくても時間は過ぎ去って行きます。
時間をいかに有効に使うか、無駄なく過ごすためにはどうすればよいかを
本書が手取り足取り教えてくれます。


「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

【0日目】 資格に合格する勉強方法とは

合格するための勉強方法
12 /10 2013
勉強方法といっても短期間で合格できる方法や記憶術ではありません。申し訳ないです。


しかし、物事を順序立てて考えれば魔法を使わなくても資格に合格できる勉強方法が身に付くのです。



そうすれば効率的かつ低コストで成果を発揮できると思います。



電気工事士、電気主任技術者等・・・電気系資格を取得するにあたって、皆様は様々な境遇があるかと思います。



上司に資格を取るように言われたとか、自己啓発で取得するとか、就職に有利だから等々。



境遇は違えど、資格に合格するためには【順序】があります。

気合や根性といった精神論は止めましょう。

【順序】に従って資格の勉強に取り組めば難しいことはありません。

継続的に学習していけば誰でも合格できると思います。(継続的が条件)



日々の仕事、学校等でお疲れの中、重い腰を上げて

「電気の資格の勉強をしよう」

・・・しかしやる気が出ない、勉強が進まない、どうやればいいかわからない

という方いらっしゃいませんか?

勉強のやる気が出ないのは、気合や根性ではないんです。

ではどうすればよいのか、、、

次の記事で一緒に考えてみましょう。

denkishikaku

はじめまして。
普段はエンジニアをしております。
一昨年より資格取得を開始し、現在も資格に向けて挑戦中です。

【取得済み資格】
第三種電気主任技術者
工事担任者AIDD総合種
第二種電気工事士
第一級陸上特殊無線技士
二級ボイラー技士
自転車安全整備士
自転車技士
TOEIC 670

【現在勉強中資格】
第二種電気主任技術者

今まで通信教育無しで資格取得に挑戦して参りました。
電気系資格取得の一助となれば幸いです。
質問等ありましたら、下記メールフォームよりご連絡下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。