スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【8日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【実践編】

合格するための勉強方法
12 /15 2013
前記事 【7日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【作成編】を参照し、

A4用紙1枚を作成して頂けたかと思います。

本記事は【8日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【実践編】についてお話していきます。




実践方法

① 参考書の問題を解く。解答の解答を調べる。

② 解答の解答をA4用紙に書く

③ カテゴリ毎に複数枚A4用紙を作成し、書き加えていく
  作成時は体裁を気にせずに、どんどん書くイメージで。

④ 用紙に書き足りなければ、A3用紙やA4用紙二枚を繋げて書く
 なるべく1つのカテゴリで"1枚"となるようにする。

⑤ 定期的にA4用紙を見て復習する。
  A4用紙を見るだけで復習になる。

⑥ 試験前に見る、試験場に持って行く。






以上が実践方法です。


ですが1つ問題点があります。

それは解答の解答を調べる方法です


私もだいぶ苦労しました。

参考書の解答は関連項目までは詳細に載ってませんし

いちいちパソコンで検索して、解答の解答を探していました。


非効率的です。


ですが、多くの電気系参考書を閲覧してきまして、

ようやく解答の解答が詳細に書かれている書籍を発見しました。

電気系初学者から勉強経歴が長い方まで幅広くカバーしています。


本屋ではあまり見かけないマイナー本ですが、自信を持ってオススメします。
表紙が胡散臭いですが中身はしっかりしています


電験3種超入門(理論篇)


電験3種超入門(電力・機械・法規篇)


決して回し者ではありません笑
しかし、これ以上に関連付けて詳細に書かれている書籍は無いと思います。



問題演習して関連する項目を上記書籍で探す。

幅広い知識が身に付くのでそれをA4用紙に書く。

どんな問題でも応用が効いて合格に近づく。


これが私のやり方です。


次回は、法規科目等でどうしても丸暗記が必要な時はどうすればよいか

についてお話します。

関連記事

コメント

非公開コメント

denkishikaku

はじめまして。
普段はエンジニアをしております。
一昨年より資格取得を開始し、現在も資格に向けて挑戦中です。

【取得済み資格】
第三種電気主任技術者
工事担任者AIDD総合種
第二種電気工事士
第一級陸上特殊無線技士
二級ボイラー技士
自転車安全整備士
自転車技士
TOEIC 670

【現在勉強中資格】
第二種電気主任技術者

今まで通信教育無しで資格取得に挑戦して参りました。
電気系資格取得の一助となれば幸いです。
質問等ありましたら、下記メールフォームよりご連絡下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。