スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【作成編】

合格するための勉強方法
12 /15 2013
前記事 【6日目】効率的!1題演習するだけで3題解けるようになる方法を参照し、
関連付けて覚えることが効率的であることがわかりました。


本記事では「A4用紙1枚で記憶定着させる方法」の具体的な作成手順について説明したいと思います。


以下、管理人が書いてみたものです。
※あくまでも参考例なので、雰囲気だけ掴んで下さい。

[例]A4関連付け


では書き方を説明します。


※PCで描くと時間がかかるので、手書きの方が早いです!

① 中央に主題を書きます。(誘導機、変圧器、電子回路等)

② 中央から矢印を引っ張って覚えた事柄を書きます。
  ※事柄の上下左右に十分なスペースを設けること。
  
③ 矢印で連鎖的につなげていくイメージで
 関連する事柄はどんどん矢印で繋げます。



交流機器の方が高い絶縁性能が必要

交流送電の欠点 → 交流送電の方が絶縁コストがかかる

直流の最大電圧より交流の最大電圧の方が大きいため →長距離送電不向き

交流100V電圧は実効値で最大電圧は141Vだから


④ 再び中央の円から違う事柄を引っ張ります。

⑤ ③と同様に枝葉のごとく、事柄を繋げていきます。



以上が管理人オリジナルの「A4用紙1枚で記憶定着させる方法」です。






次回は「A4用紙1枚で記憶定着させる方法」の【実践編】についてお話します。



当記事の勉強方法は「マインドマップ学習法」に似ているかと思います。
マインドマップを応用して、利用しています。
以下の書籍が大変参考になりましたので紹介していきます。

この書籍を実践することで、頭の中でゴチャゴチャしていた色々な情報が、
綺麗に整理することができ、記憶の定着に結びつきます。


ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる


関連記事

コメント

非公開コメント

denkishikaku

はじめまして。
普段はエンジニアをしております。
一昨年より資格取得を開始し、現在も資格に向けて挑戦中です。

【取得済み資格】
第三種電気主任技術者
工事担任者AIDD総合種
第二種電気工事士
第一級陸上特殊無線技士
二級ボイラー技士
自転車安全整備士
自転車技士
TOEIC 670

【現在勉強中資格】
第二種電気主任技術者

今まで通信教育無しで資格取得に挑戦して参りました。
電気系資格取得の一助となれば幸いです。
質問等ありましたら、下記メールフォームよりご連絡下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。