スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【電験三種】電力 科目攻略方法

第三種電気主任技術者
12 /15 2013
まずはじめに、【電験三種】合格するための勉強方法 を参照して頂き、

全体的な試験勉強の流れが把握できたかと思います。


電力科目は電験三種の科目の中でも比較的点数が取りやすいです。

しかし、理論科目をしっかりと身に付けてから
電力科目に取り組む必要があります。

また、各種発電方式、短絡電流等の計算問題が必ず出題されるため
演習問題の数をこなして下さい。


さらに、正誤問題では接地方式や送配電等の知識を
A4用紙の関連付けで正確に覚える必要があります。


電力科目は以下の2冊の参考書で十分間に合います。



これだけ電力 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)



電験3種超入門(電力・機械・法規篇)







「これだけ電力」に関しては

こんなにやることあるの!?

と思いますが、他の参考書と比較しても解説が詳細に書かれているので、ページ数が多いだけです笑



以上の参考書を用いた、機械の勉強の流れとしては

「電験三種超入門」で大まかに理解

「これだけ電力」で問題演習

「電験三種超入門」で解答の解答を学ぶ。応用問題に備える

「A4用紙に解答の解答をまとめ、関連付ける」

「これだけ電力」を反復演習する。(最低2周)

A4用紙を定期的に見直して復習する

「過去問・予想問題集」で演習

「電験三種超入門」で解答の解答を学ぶ。応用問題に備える

合格レベルに到達




A4用紙は7枚用意して下さい。

水力、火力、原子力、再生可能エネルギー、送電、配電、電気設備を作成します。


電力科目は字面だけ追っていると、イメージがしにくく、覚えにくいため

絵やイメージ図を書いて取り組むと捗ると思います


また、計算問題は必ず出題されるので、

発電効率の計算、短絡電流計算は完璧にしておきましょう


さらに世の中のトレンドを問う出題も増えており、

太陽光、風力、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギーは
電験三種超入門でメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう




※通勤中には「これだけ電力」or A4用紙に目を通しましょう。



関連記事

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

denkishikaku

はじめまして。
普段はエンジニアをしております。
一昨年より資格取得を開始し、現在も資格に向けて挑戦中です。

【取得済み資格】
第三種電気主任技術者
工事担任者AIDD総合種
第二種電気工事士
第一級陸上特殊無線技士
二級ボイラー技士
自転車安全整備士
自転車技士
TOEIC 670

【現在勉強中資格】
第二種電気主任技術者

今まで通信教育無しで資格取得に挑戦して参りました。
電気系資格取得の一助となれば幸いです。
質問等ありましたら、下記メールフォームよりご連絡下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。