資格試験対策コーナー

資格試験合格勉強法 (電気系以外でも対応可能)
  • 【0日目】 資格に合格する勉強方法とは
  • 【1日目】資格勉強のやる気が出ないのは根拠がある【現在加筆中】

  • ■試験合格に必須のタスクスケジュール表を作成する!
  • 【2日目】脱!「予定は未定」
  • 【3日目】急がば回れ!タスクスケジュール表で勉強進捗を管理しよう」
  • 【4日目】進捗把握!スケジュール表の使いこなし方

  • ■A4用紙1枚で確実な記憶定着を図る!試験問題に応用が効く勉強方法
  • 【5日目】「丸暗記」と「時間をかけて理解する」どちらが効率的?
  • 【6日目】効率的!1題演習するだけで3題解けるようになる方法
  • 【7日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【作成編】
  • 【8日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【実践編】

  • ■丸暗記が必要となる場合に効率的に暗記できるツールを作成する!
  • 【9日目】丸暗記が必要な科目の効率的やり方!

  • ■資格試験合格勉強法のまとめ!5つの事に取り組むだけで対策は万全
  • 【10日目】資格試験に合格できる勉強方法のまとめ

  • ■第三種電気主任技術者対策
  • 【電験三種】合格するための勉強方法
  • 【電験三種】理論 科目攻略方法
  • 【電験三種】機械 科目攻略方法
  • 【電験三種】電力 科目攻略方法
  • 【電験三種】法規 科目攻略方法 (新傾向対策)
  • 【電験三種】過去問と予想問題集 が必須となるワケ!
  • 【電験三種】難化傾向の法規対策!管理人が予想した電技からの条文問題集 【鋭意作成中】

  • ■第二種電気工事士対策
  • 【ニ電工】合格するための勉強方法!
  • 【二電工】筆記試験 攻略法!
  • 【二電工】技能試験はこれで大丈夫!
  • 【二電工】技能試験を今から5分短縮できる独自テクニック【鋭意作成中】

  • ■工事担任者対策 (AI・DD総合種)
  • 【工担】効率良く合格するためには・・・AI1種? DD1種? AI・DD総合種?
  • 【工担】AI・DD総合種の合格勉強法。過去問が要!
  • 【工担】過去問題集!これだけやればOK

  • ■第一級陸上特殊無線技士対策
  • 【一陸特】初学者でも2~3ヶ月で取得できる勉強方法!

  • ■二級ボイラー技士試験対策
  • 【ニ級ボイラー】初心者でも過去問を制すれば楽々合格


  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    少しでも気に入りましたら応援下さい(_)
    FC2資格ブログランキングにほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ


    【電験三種】合格するための勉強方法

    第三種電気主任技術者に合格するための勉強方法

    についてお話します。

    まずは、【10日目】資格試験に合格できる勉強方法のまとめに記載されている
    やるべきことを列挙します。



    ① 参考書を買う (各種試験ページを参照)

    ② タスクスケジュール表を作成する
    【3日目】急がば回れ!タスクスケジュール表で勉強進捗を管理しよう」

    ③ A4用紙で記憶定着を図る
    【7日目】A4用紙で確実に記憶定着させる方法【作成編】

    ④ 問題演習にとりかかり、解答の解答を調べる
    【8日目】A4用紙1枚で確実に記憶定着させる方法【実践編】

    ⑤ 暗記シートを作成する。(問題シートと解答シート)
    【9日目】丸暗記が必要な科目の効率的やり方!







    ここでは第三種電気主任技術者に特化して説明します。


    ① 参考書を買う

    電験三種は 理論 機械 電力 法規 の4科目あります。
    それぞれの科目毎によって使用する参考書が異なりますので、
    メニューから各科目のページを参照して下さい。


    ② タスクスケジュール表を作成する

    電験三種はスケジュール管理が肝となります。
    一発合格か科目合格かで変わります。


    第一・二種電気工事士をお持ちの方は 10ヶ月
    お持ちでない方は 1年間
    両者共に過去問/予想問題演習に 2ヶ月間
    と設定してください。



    電験三種は科目合格制度があり、3年間猶予されます。

    一発合格を狙う方は、理論→電力→機械→法規 
    の順に勉強を進めて下さい。

    科目合格を狙う方は、初年度 理論と電力 次年度 機械と法規 
    に取り組んでください。


    合格レベルに達するために要する時間は

    機械 > 電力≒理論 >法規

    ※法規は必ず3科目を一通り終えたら取り組んで下さい。
    法規は最悪一ヶ月前でも間に合いますし、
    暗記メインなので初めにやると復習に手間取ります。

    (しかし一番曲者なのが法規です)



    ③ A4用紙で記憶定着を図る

    この手法は特に電力と機械で役に立ちます。

    例えば機械では、電気機器分野で5枚
    変圧器、直流機、同期機、誘導機、パワーエレクトロニクスを作成します。

    電験三種は特にこのA4用紙が必要となります。

    理由は他の資格試験とは異なり、過去問からは一切出題されないためです。

    このため、応用を効かせた問題を出題していきます。

    ですから関連付けで基礎をしっかり学ぶ必要があります。



    ④ 問題演習にとりかかり、解答の解答を調べる

    特に電力と機械で意識して取り組んでください。

    以下の書籍では解答の解答が詳細に書かれており
    電気系初学者から勉強経歴が長い方まで幅広くカバーしています。


    本屋ではあまり見かけないマイナー本ですが、自信を持ってオススメします。


    電験3種超入門(理論篇)



    電験3種超入門(電力・機械・法規篇)



    ⑤ 暗記シートを作成する。(問題シートと解答シート)

    この手法は特に法規と電力で役に立ちます。

    法規は数値丸暗記ですし、電力も暗記部分がありますので活用できます。


    以上です。


    電験三種は基本的に丸暗記が通用しないため

    今までの資格勉強とは違った心構えで取り組む必要があります。


    各科目の詳細に対しては、各種ページを参照下さい。

    関連記事
    少しでも気に入りましたら応援下さい(_)
    FC2資格ブログランキングにほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。